メニュー

手続法務・身近な法律問題に関するお問い合わせ

事務所について

全国対応!
司法書士・行政書士・社会保険労務士 税理士がご用件を承ります。

埼玉・東京

» 事務所について詳しく見る

  • 中央グループ採用サイト
  • リーガルマネジメント
  • 抵当権抹消登記
  • 会社設立
  • 離婚相談センター
  • 家賃滞納対策サイト
  • 自動車登録エキスパート
  • 車庫証明エキスパート
  • がん予防メディカルクラブ

司法書士法人・行政書士法人・社会保険労務士法人中央グループブログ

スタッフブログ

2008/12/08

飲酒と法律

いよいよ2008年も終わりに近づき、忘年会シーズンとなりました。
勤務先、サークル、友達など、いろいろなお付き合いでお酒を飲む機会の多い時期かと
思います。適度な飲酒は、コミュニケーションを円滑にし、楽しい時間を共有することが
できるでしょう。

しかし、急性アルコール中毒で病院に搬送された人の数は、東京消防庁管内だけでも昨
年1年間で12,545人もいます。
大量のアルコールを一度に摂取すると、血中アルコール濃度が急激に上昇し、「泥酔」
「昏睡」の状態となり、場合によっては呼吸困難などを引き起こし、死に至る危険も
あります。
「一気飲み」は健康を害しますし、飲めないのに無理に強要した場合、罪に問われること
もあります。ケースによっては、強要罪や過失傷害罪、はやしたてた人にも傷害現場助勢
罪が成立してしまうこともあるので、節度ある飲み方を心がけましょう。
また、昨年『道路交通法』が改正され、飲酒運転の罰則が強化されました。
「酒酔い運転」で「5年以下の懲役または100万円以下の罰金」
「酒気帯び運転」で「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」
となったことに加え、飲酒運転をするおそれのある者への酒類や車両の提供、運転者が
酒気を帯びている車に同乗した場合など、飲酒運転を助長した周辺者への罰則の規定も
設けられました。
2001年には『刑法』に「危険運転致死傷罪」が新設されています。
とにかく、お酒を飲んだら絶対に車を運転してはいけません。

宴会の席に未成年はいませんか?
「未成年者が婚姻をしたときは、これによって成年に達したものとみなす」と民法に規定
されていますが、『未成年者飲酒禁止法』では未成年の扱いのまま、飲むことも飲ませる
ことも禁止されています。

『酒に酔つて公衆に迷惑をかける行為の防止等に関する法律』の第2条には「すべて国
民は、飲酒を強要する等の悪習を排除し、飲酒についての節度を保つように努めなけれ
ばならない。」とあります。節度を守って楽しく飲みましょう!

(大澤)

人気ブログランキングに参加中です!応援お願いします!!
人気ブログランキングへ

身近な法律問題から企業法務までお役立ち情報を配信しております!是非ご購読下さい!!
メルマガお申し込みへ

戻る