メニュー

手続法務・身近な法律問題に関するお問い合わせ

事務所について

全国対応!
司法書士・行政書士・社会保険労務士 税理士がご用件を承ります。

埼玉・東京

» 事務所について詳しく見る

  • 中央グループ採用サイト
  • リーガルマネジメント
  • 抵当権抹消登記
  • 会社設立
  • 離婚相談センター
  • 家賃滞納対策サイト
  • 自動車登録エキスパート
  • 車庫証明エキスパート
  • がん予防メディカルクラブ

司法書士法人・行政書士法人・社会保険労務士法人中央グループブログ

最新のお知らせ

2014/03/25

法律ワンポイント:「生前贈与」

今回は生前贈与のお話をさせていただきます。

まず、生前贈与の意義とは、言うまでもなく、相続対策です。
では、具体的に、子供にアパートを建ててあげようと思った時の2つの方法について考えてみたいと思います。
 
例として、このアパートを2000万円とします。

その贈与のやり方として、

1. 親が建築資金(2000万円)を子に贈与して、子の名義のアパートを建てる場合
→この場合、贈与税額は、
 (2000万円?110万)×50%?225万円=1220万
 子が支払う贈与税額は、1220万円です。かなりの額になります。

2. 親名義で2000万円のアパートを建てて、数年後にその現物を子に贈与する場合
→贈与財産が現金ではなく、建物なので、計算方法が異なり固定資産評価額(建築価格の40%?60%)で評価されるようです。
仮に50%で評価されたとすると
2000万円×50%となり、建物価格は、1000万円となります。
更に賃貸物件の場合、借家権割合(全国的に30%)が引かれます。
計算すると、1000万円×(1?30%)=700万円
700万円=これが贈与税を計算するときのアパートの価格となります。
→よって、贈与税額は、
  (700万円?110万)×30%?65万円=112万
1と2の方法により税額に1108万円もの差がつきました。
このように、贈与税は、現金と建物の場合で大きな差がつくようです。
もう一つ、生前贈与ではないですが、下記の方法もあります。

3. 親が子に建築資金を貸して、子名義のアパートを建てる方法 です。
  普通の住宅でも時折有るケースですが、この場合は、親子の間でも金銭消費貸借契約書を作成しておきます。
子は、賃貸収入の中から毎月きちんと返済します。
「あるとき払い」では、贈与とみなされてしまうので、注意です。

いずれにしても、相続税対策や所得税対策になりますが、その贈与の方法には
留意する必要がありそうですね。

(志村)
___________________________

現在、代表の原田がFMラジオにレギュラー出演しています!

法律を通じて家族の絆を感じることができる番組です。
法律を身近に感じていただけるようわかりやすく楽しく伝えます!

番組名 You・I・Go‐On
放送日 毎週土曜10時から
再放送 毎週月曜12時から
放送局 REDSWAVE78.3MHZ

インターネットラジオでどこの場所からでも聞けます!
こちらをクリックしてください!
サイマルラジオ
_________________________________

身近な法律問題から企業法務までお役立ち情報を配信しております!
是非ご購読下さい!!
メールマガジンへ
_________________________________

にほんブログ村ランキングに参加しております。
クリックをお願いいたします!
にほんブログ村 士業ブログへ


戻る