メニュー

手続法務・身近な法律問題に関するお問い合わせ

事務所について

全国対応!
司法書士・行政書士・社会保険労務士 税理士がご用件を承ります。

埼玉・東京

» 事務所について詳しく見る

  • 中央グループ採用サイト
  • リーガルマネジメント
  • 抵当権抹消登記
  • 会社設立
  • 離婚相談センター
  • 家賃滞納対策サイト
  • 自動車登録エキスパート
  • 車庫証明エキスパート
  • がん予防メディカルクラブ

司法書士法人・行政書士法人・社会保険労務士法人中央グループブログ

最新のお知らせ

2012/11/14

生きている限り、人間はすべてを奪われることはない。/正岡子規氏

生きている限り、人間はすべてを奪われることはない。
/正岡子規氏

明治時代の俳人正岡子規の言葉です。

仕事で大失敗をしてしまったとき、
誰もが次から失敗をしないよう気を付けようと考えます。
しかし、心配するがあまり何もしないことを選択してしまうことが
あります。
非常にもったいないことです。

「何もしない」ということは、
「先の失敗を自ら無意味なものにしている」ということです。

失敗には必ず学べることがあります。
何もしないことは、失敗から学んだことが何なのかも確認できない
状態です。
成長できないどころか、先の失敗は単なるストレスでしか
残らなくなってしまいます。
失敗は成長の機会にもかかわらず、嫌な思い出だけが残るのは
もったいないですよね。
しかも、失敗しないためには、失敗から学んだことを次に実施する
ことですので、何もしないと、同じ失敗を繰り返す危険が高まります。
失敗から学べることはないか真剣に向き合い、次の機会に活かしましょう!!

と言っても、何事も不安にとらわれると、
腰が引けて先に進めなくなることがあります。
そんなときは冒頭の言葉を口にしてみましょう!
前に進む意欲が湧くと思います。

マフィアでない限り、仕事に失敗したからと言って殺される訳は
ありません。
以前紹介しました
「心配とは、行動の不足から起こるもの/野村克也氏」
のとおり、「すぐに着手」を心がけましょう!!

正岡子規氏は7年間の闘病生活を経て、
34歳という若さでその生涯に幕を閉じています。
そのような短命でありながらも、数々の功績には感服です。
冒頭の言葉の考え方が正岡子規の偉業の原動力になったのでしょう。
何か失敗した際には冒頭の言葉を勇気をもって前に進みましょう!!、

(原田)

________________________________

現在、代表の原田がFMラジオにレギュラー出演しています!

法律を通じて家族の絆を感じることができる番組です。
法律を身近に感じていただけるようわかりやすく楽しく伝えます!

番組名 You・I・Go‐On
放送日 毎週土曜10時から
再放送 毎週月曜12時から
放送局 REDSWAVE78.3MHZ

インターネットラジオでどこの場所からでも聞けます!
こちらをクリックしてください!
サイマルラジオ
_________________________________

身近な法律問題から企業法務までお役立ち情報を配信しております!
是非ご購読下さい!!
メールマガジンへ
_________________________________

にほんブログ村ランキングに参加しております。
クリックをお願いいたします!
にほんブログ村 士業ブログへ

戻る