メニュー

手続法務・身近な法律問題に関するお問い合わせ

事務所について

全国対応!
司法書士・行政書士・社会保険労務士 税理士がご用件を承ります。

埼玉・東京

» 事務所について詳しく見る

  • 中央グループ採用サイト
  • リーガルマネジメント
  • 抵当権抹消登記
  • 会社設立
  • 離婚相談センター
  • 家賃滞納対策サイト
  • 自動車登録エキスパート
  • 車庫証明エキスパート
  • がん予防メディカルクラブ

司法書士法人・行政書士法人・社会保険労務士法人・税理士中央グループブログ

最新のお知らせ

2013/03/19

法律ワンポイント:「贈与の撤回」

贈与するという口約束は、無条件で一方的に撤回することができます。

あなたは、先日、友人のAさんとの間で、「Aさんに1万円あげる」と
いう口約束をしましたが、あなたは1万円が惜しくなってしまいました。
どうしても1万円を渡さなければならないのでしょうか?

あなたが友人Aさんとの間で交わした口約束は、民法上の「贈与契約」
に該当します。
そして、「贈与契約」は、特に書面を交わさなくても、
「あげましょう」
「もらいましょう」
の合意さえあれば有効に成立します。
従って、あなたとAさんの間に「贈与契約」が成立しています。

しかし、あなたは必ず1万円を渡さなければならないということはあり
ませんので、ご安心下さい。
民法において、贈与契約はいつでも撤回することができるのです。

ただし、
(1) 「書面にした場合」
(2)「既に履行してしまった部分」
については撤回することはできませんので、ご注意下さい。
つまり、契約書を交わした場合(1)や、既にお金を渡してしまった場
合(2)については、撤回することができないのです。
ちなみに、1万円のうち、3,000円を渡してしまった場合、3,000円に
ついては取り返すことはできませんが、残り7,000円分は撤回すること
ができます。

もちろん、騙されたり、強迫されたりした等の事情がある場合には贈与
契約そのものを取り消すこともできます。
しかし、特に事情がない限り、決意が固まるまでは、書面にしたり、渡
たりしないようお気を付け下さい。

(栗原)

________________________________

現在、代表の原田がFMラジオにレギュラー出演しています!

法律を通じて家族の絆を感じることができる番組です。
法律を身近に感じていただけるようわかりやすく楽しく伝えます!

番組名 You・I・Go‐On
放送日 毎週土曜10時から
再放送 毎週月曜12時から
放送局 REDSWAVE78.3MHZ

インターネットラジオでどこの場所からでも聞けます!
こちらをクリックしてください!
サイマルラジオ
_________________________________

身近な法律問題から企業法務までお役立ち情報を配信しております!
是非ご購読下さい!!
メールマガジンへ
_________________________________

にほんブログ村ランキングに参加しております。
クリックをお願いいたします!
にほんブログ村 士業ブログへ

戻る