メニュー

手続法務・身近な法律問題に関するお問い合わせ

事務所について

全国対応!
司法書士・行政書士・社会保険労務士 税理士がご用件を承ります。

埼玉・東京

» 事務所について詳しく見る

  • 中央グループ採用サイト
  • リーガルマネジメント
  • 抵当権抹消登記
  • 会社設立
  • 離婚相談センター
  • 家賃滞納対策サイト
  • 自動車登録エキスパート
  • 車庫証明エキスパート
  • がん予防メディカルクラブ

司法書士法人・行政書士法人・社会保険労務士法人・税理士中央グループブログ

最新のお知らせ

2014/04/01

法律ワンポイント:「氏」に関する豆知識

鈴木A男さんと山田B子さんが結婚し、
山田B子さんが鈴木B子さんとなり、
2人の子供である鈴木C君が生まれたとします。

その後、鈴木A男さんが田中D太郎さんの養子となった場合、
A男さん、B子さん、C君の氏はどうなるのでしょうか?

まず、鈴木A男さんは、「養親子同氏の原則」により田中A男さんとなります。
これに伴い、配偶者である鈴木B子さんも「夫婦同氏の原則」により
自動的に田中B子さんとなります。

では、2人の子である鈴木C君も田中C君となるのでしょうか?

結論から言いますと、C君は田中C君とはならず鈴木C君のままです。

なぜこのように配偶者と子供とで結論が異なるのかというと、
日本において現在「夫婦別姓」が認められていないため、
夫婦で氏が異なるということは起こり得ません。

これに対し、親子で氏が異なるということは不自然なことではありません。
今回のケースで言えば、山田B子さんが結婚したことにより、
鈴木B子さんとなった時点で、B子さん(鈴木)とB子さんの両親(山田)とでは
別の氏になっています。

もっとも、C君は田中C君となれないわけではなく、
届け出ることにより田中C君となることも可能です。

ちなみに、鈴木A男さんではなく、鈴木B子さんが、
田中D太郎さんの養子となった場合には、
鈴木B子さんは、田中B子さんとはなりません。

これは、民法に婚姻によって氏を改めた者について
「養親子同氏の原則の例外」が定められているからです。
「夫婦同氏の原則」が「養親子同氏の原則」に優先するということです。

(後藤)
___________________________

現在、代表の原田がFMラジオにレギュラー出演しています!

法律を通じて家族の絆を感じることができる番組です。
法律を身近に感じていただけるようわかりやすく楽しく伝えます!

番組名 You・I・Go‐On
放送日 毎週土曜10時から
再放送 毎週月曜12時から
放送局 REDSWAVE78.3MHZ

インターネットラジオでどこの場所からでも聞けます!
こちらをクリックしてください!
サイマルラジオ
_________________________________

身近な法律問題から企業法務までお役立ち情報を配信しております!
是非ご購読下さい!!
メールマガジンへ
_________________________________

にほんブログ村ランキングに参加しております。
クリックをお願いいたします!
にほんブログ村 士業ブログへ

戻る