メニュー

手続法務・身近な法律問題に関するお問い合わせ

事務所について

全国対応!
司法書士・行政書士・社会保険労務士 税理士がご用件を承ります。

埼玉・東京

» 事務所について詳しく見る

  • 中央グループ採用サイト
  • リーガルマネジメント
  • 抵当権抹消登記
  • 会社設立
  • 離婚相談センター
  • 家賃滞納対策サイト
  • 自動車登録エキスパート
  • 車庫証明エキスパート
  • がん予防メディカルクラブ

司法書士法人・行政書士法人・社会保険労務士法人・税理士中央グループブログ

最新のお知らせ

2014/04/10

スタッフブログ:大人のゲーム

先日、友人宅にてDixit(ディクシット)というボードゲームをやらせてもらいました。
このゲームは、フランスのゲーム大賞ほか、ドイツ・オーストリア・オランダ・フィンランドなど各国でゲーム大賞を受賞しているので、ボードゲーム好きな人の間では有名なんだそうです。

このゲームのルールを手短に説明すると、
まず親役が、自分の手札のカードの中の1枚の絵柄を"言葉"で表現し
他のプレイヤーは自分の手札の中からその言葉に合致するカード1枚を親役に渡します。
親役は全員のカードを集めてシャッフルして並べ、プレイヤーは各自が「親が出したカード」と思うものに投票する、というものです。

全員あたりでも全員はずれでも、親はポイントをもらえないので、バレバレでもなく的外れでもないという、適度な曖昧さを持った"言葉"で表現するのが面白いところです。
また、他のプレイヤーに、「これが親のカードだ」とうまく誤解させることができた参加者はポイントが多くもらえるので、できるだけ親の"言葉"に合致し、他のプレイヤーを惑わせるカードを選ぶという点もまた、面白いのです。

どのカードも絵柄が素敵で、私はすっかりハマってしまいました。少しマグリットの絵のような不思議さがあり、想像力を掻き立てられるのです。
最初は大人だけでプレイし、そのあと小学1年生3人+大人でもやってみたのですが、
小学生の表現がストレートすぎて大人は深読みしすぎたり、かと思えば子どもならではの驚くような発想もあったりして、大人のほうが想像力も語彙力も貧しいと思わず唸ることも・・。

残念ながら、街中のお店でこのゲームを販売しているところは見つけていませんが、ネットショップではあちこちで取り扱っています。
追加カードも出ているようですし、日本語の説明書もついているので、自分への誕生日プレゼントに買おうかなと考える今日この頃です。

(勅使河原)

________________________________

現在、代表の原田がFMラジオにレギュラー出演しています!

法律を通じて家族の絆を感じることができる番組です。
法律を身近に感じていただけるようわかりやすく楽しく伝えます!

番組名 You・I・Go‐On
放送日 毎週土曜10時から
再放送 毎週月曜12時から
放送局 REDSWAVE78.3MHZ

インターネットラジオでどこの場所からでも聞けます!
こちらをクリックしてください!
サイマルラジオ
_________________________________

身近な法律問題から企業法務までお役立ち情報を配信しております!
是非ご購読下さい!!
メールマガジンへ
_________________________________

にほんブログ村ランキングに参加しております。
クリックをお願いいたします!
にほんブログ村 士業ブログへ

戻る