メニュー

手続法務・身近な法律問題に関するお問い合わせ

事務所について

全国対応!
司法書士・行政書士・社会保険労務士 税理士がご用件を承ります。

埼玉・東京

» 事務所について詳しく見る

  • 中央グループ採用サイト
  • リーガルマネジメント
  • 抵当権抹消登記
  • 会社設立
  • 離婚相談センター
  • 家賃滞納対策サイト
  • 自動車登録エキスパート
  • 車庫証明エキスパート
  • がん予防メディカルクラブ

司法書士法人・行政書士法人・社会保険労務士法人中央グループブログ

最新のお知らせ

2015/04/07

法律ワンポイント:「相続税・贈与税増税時代?」

平成27年1月1日から相続税・贈与税が改正されました。
改正と聞くと増税と思われがちですが、
特例適用の拡大など緩和された部分も多くあります。

<改正1>基礎控除額の引き下げ
この改正は報道でも大きく取り上げられました。
従来は5000万円+(1000万円×法定相続人の数)でしたが、
改正では40%減額し3000万円+(600万円×法定相続人の数)となりました。
例えば、法定相続人が配偶者と子3人の場合、
3000万円+(600万円×4人)=5400万となり、
5400万円までの相続財産には課税されません。
ところで、そんなに財産ないから大丈夫と思われる方も多いかと思いますが、
相続財産とは何でしょうか。
相続財産と聞くと土地・建物・預貯金・株券等を思い浮かべるかと思いますが、
死亡保険金、死亡退職金、生命保険金にも課税される場合がありますし、
骨董品、名画、商品券、貴金属、宝石や高価なコレクションまでもが
課税の対象とされます。

<改正2>小規模宅地等の特例拡大
従来は被相続人と一緒に住んでいた土地は
240平方メートル(72坪)まで80%引きで相続財産とされましたが、
改正により330平方メートル(100坪)まで限度面積が拡大されました。
さらに2世帯住宅で構造上区分されている場合でも、
その敷地全体について特例が適用できるようになり、
老人ホームなどに住んでいても、
一定の要件を満たす場合には特例の適用ができるようになりました。

<改正3>相続時精算課税の改正
相続時精算とは贈与者が亡くなった時に相続税の計算で精算する制度ですが、
従来は贈与者が65歳以上であった年齢制限が60歳以上に緩和され、
受贈者は20歳以上の相続予定者でありましたが、
贈与者の孫も範囲に加わりました。

このように、基礎控除の引下げが大きく報道され増税のイメージが強いですが、
実際には緩和された部分も多い税制改正でした。

(松本)

________________________________

現在、代表の原田がFMラジオにレギュラー出演しています!

法律を通じて家族の絆を感じることができる番組です。
法律を身近に感じていただけるようわかりやすく楽しく伝えます!

番組名 You・I・Go‐On
放送日 毎週土曜10時から
再放送 毎週月曜12時から
放送局 REDSWAVE78.3MHZ

インターネットラジオでどこの場所からでも聞けます!
こちらをクリックしてください!
サイマルラジオ
_________________________________

身近な法律問題から企業法務までお役立ち情報を配信しております!
是非ご購読下さい!!
メールマガジンへ
_________________________________

にほんブログ村ランキングに参加しております。
クリックをお願いいたします!
にほんブログ村 士業ブログへ

戻る