メニュー

手続法務・身近な法律問題に関するお問い合わせ

事務所について

全国対応!
司法書士・行政書士・社会保険労務士 税理士がご用件を承ります。

埼玉・東京

» 事務所について詳しく見る

  • 中央グループ採用サイト
  • リーガルマネジメント
  • 会社設立
  • 離婚相談センター
  • 家賃滞納対策サイト
  • 自動車登録エキスパート
  • 車庫証明エキスパート

司法書士法人・行政書士法人・社会保険労務士法人・税理士中央グループブログ

スタッフブログ

2010/05/01

涙もろさ

年をとると涙腺が緩くなると言われますが、
たしかに私も昔より涙もろくなったと思います。
特に、オリンピックをはじめ、スポーツ選手が全力で頑張った姿は、
その結果の良し悪しに関係なく、ただただ感動するばかりです。
(でも、家でテレビを観ている時は必死で涙をこらえます。)

そうなんです。
年をとって緩くなるのは、何かを感じて出る涙です。
誰かと感情を共有したり、誰かのために泣く涙です。

小さい頃は自分のためだけに泣きます。
辛いこと、悲しいことがあれば、自然と涙が出てきます。
涙にはストレスを発散させるホルモンが含まれているそうで、
体がちゃんとストレス発散させていることになります。

それが、少し大きくなって社会性が養われてくると
「泣かずに我慢すべき」とか「ここで泣くべきじゃない」など
理性が働いて、自分のために(特に人前では)泣かなくなります。

それから、高校生になって、大学生になって、
社会人になって、結婚して家族を持って・・・たくさんの経験をします。
自分の中に、辛いことや嬉しいことの引き出しが増えます。
何かを見たり聞いたりした時、その引き出しの中身と一致して、
自分のことのように一緒に感動したり、悲しんだりするのだと思います。

私がそれを特に感じたのは、子供を産んだ後でした。
我が子を失う辛さや、我が子の成功を見た安心と喜び。
決して自分に置き換えて見ているつもりは無くても、
自然と共感してしまっているようです。

おじいちゃん、おばあちゃんはどうしてすぐ泣くんだろうと
不思議に思っていましたが、そうやって泣けるのは、
たくさんの経験と、優しさからなんですね。
私も今度は恥ずかしがらずに泣いてみようと思います。

(国見)


_________________________________

現在、代表の原田がFMラジオにレギュラー出演しています!

法律を通じて家族の絆を感じることができる番組です。
法律を身近に感じていただけるようわかりやすく楽しく伝えます!

番組名 You・I・Go‐On
放送日 毎週木曜12時から
再放送 毎週木曜19時から 毎週金曜6時から
放送局 REDSWAVE78.3MHZ

インターネットラジオでどこの場所からでも聞けます!
こちらをクリックしてください!
サイマルラジオ
_________________________________

身近な法律問題から企業法務までお役立ち情報を配信しております!
是非ご購読下さい!!
メールマガジンへ
_________________________________

にほんブログ村ランキングに参加しております。
クリックをお願いいたします!
にほんブログ村 士業ブログへ

戻る