メニュー

手続法務・身近な法律問題に関するお問い合わせ

事務所について

全国対応!
司法書士・行政書士・社会保険労務士 税理士がご用件を承ります。

埼玉・東京

» 事務所について詳しく見る

  • 中央グループ採用サイト
  • リーガルマネジメント
  • 抵当権抹消登記
  • 会社設立
  • 離婚相談センター
  • 家賃滞納対策サイト
  • 自動車登録エキスパート
  • 車庫証明エキスパート
  • がん予防メディカルクラブ

司法書士法人・行政書士法人・社会保険労務士法人・税理士中央グループブログ

最新のお知らせ

2009/12/04

自信の力 (haradaの独り言3)

前回、目的を意識することの大切さをお話しました。

では、目的を達成するためにはどうすればいいのでしょうか?

答えは

自分を信じて全力を尽くす!

しかありません。


ノミに関して有名な実験があります。

ノミは体長2ミリ程度ですが、
ジャンプ力はすさまじく、1メートル近く跳び上がることができます。

そのノミを高さ30センチの箱に入れると、
始めのうちは何度も天井にぶつかるのですが、
そのうち30センチの高さで跳ぶようになります。

そして、ノミを箱から外に出すと、

なんと、

30センチの高さでしか跳べなくなっている

そうです。


自分は30センチしか跳べない!
という意識がノミを跳べなくしてしまったのです。


限界を意識したら、実力があっても、それ以上は何もできなくなるということです。

言い換えれば、

「限界」つまり「自分の可能性」を高く意識することは大きな力になります。

そうであれば、自分の可能性を高く意識しないのは、非常にもったいないことです。

自分の可能性を高く意識しましょう!
自分を信じましょう!

そうすれば、あなたは高く跳ぶことができるのです。


ロシアの作家ゴーリキーは、

「才能とは、自分を信じることである」

と言いました。

例えば、大リーガーや、オリンピックのメダルリストたちは、
自分の力を信じ、血のにじむような練習を繰り返して、栄光を勝ち取っています。
栄光を勝ち取るまでの過程に対して「才能がある」と言えるのでしょう。

自分を信じる力は、才能がある人たちによって証明されているのです。


「自分を信じる」と書いて

「自信」

と読みます。

自信をもって日々取り組みましょう!

(原田)


haradaの独り言バックナンバー
1.成長するために必要なこと
2.習慣を疑え!

身近な法律問題から企業法務までお役立ち情報を配信しております!
是非ご購読下さい!!
メールマガジンへ

にほんブログ村ランキングに参加しております。
クリックをお願いいたします!
にほんブログ村 士業ブログへ

戻る